このエントリーをはてなブックマークに追加
専門家コラム

2018年版!新卒採用WEBトレンド

2018-01-12 テーマ: インターンシップ

2019年入社を対象にした新卒採用WEBにおいて内定者と就活生とが繋がる採用コンテンツがひそかな話題になっています。どういったコンテンツなのか特徴からメリット・デメリットをまとめました。

 

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

 

三つのコンテンツページから構成されており、内定者インタビュー、内定者と人事部の対談、内定者アンケートがあります。内定者インタビューでは三名の学生時代に頑張ったこと、志望動機がまとめられています。内定者アンケートでは選考内容、企業選びの軸、入社を決めた理由が書かれています。

 

株式会社東急ハンズ

 

縦長の一ページ(ランディングページ)で構成されており、内定者紹介、企業選びのポイント、就活を通して学んだこと、学生へのメッセージのコンテンツがあります。内定者紹介では10名の内定者が紹介されており、それぞれ個人の性格や趣味や学生時代の熱中したこと、

東急ハンズを選んだ理由、東急ハンズで成し遂げたいことがまとめられています。

 

両社ともに共通しているのが顔写真付きで紹介されていることです。損保ジャパンさんは名前も公表しており、これから就職活動を始める3年生にとって信頼のおける情報となっています。

 

スペシャルコンテンツのメリット

メリットは、1学年上の先輩になるので、親近感があることです。就職活動を終えたばかりの先輩の就活体験もあり、生きた情報が手に入るため就活生にとっても興味関心度の高いコンテンツだと言えます

 

また内定者側にとってもインタビュー取材を通じて「なぜ入社を決めたのか?」「これからどうしたいのか?」を問うことになり、改めて会社への理解を高めることができます。会社に対する期待や希望を語ることで愛社精神が高まり、副次的に内定辞退防止にも役立てることが期待できます

 

スペシャルコンテンツのデメリット

デメリットは、ホームページ製作期間が非常に短納期で制作しなければいけないことです。10月の内定式後から遅くとも2ヵ月程度で公開しないと意味がなくなってしまうので、制作会社だけでなく人事部の負担も大きいでしょう。また内定者にインタビューやアンケート・写真撮影など負担を強いることになります。

 

可能性が低いとはいえ顔を出している内定者が入社までに辞退する可能性があり、少なからずリスクが発生します。大学名、学部、名前、顔写真など個人が特定できる情報を公開するため、個人情報面で万全を期すためには事前に本人の同意を得る承諾者の提出をお願いする必要があります。

 

スペシャルコンテンツが生まれた背景

採用担当者であれば一度は考えたコンテンツだと思いますが、費用対効果を加味して中止していた人も多いと思います。これまでは採用満足度や、人事部や内定者の負担を考えて「そこまでしなくても大丈夫」と判断していたと思います。

 

しかし、近年では母集団形成や内定辞退の深刻化から「できることはやっておこう」と意識が変わってきています。大変でもやるだけの価値があると考えるようになったからこそ生まれたコンテンツだと私は思いました。

 

まとめ

就活生は若手社員だけでなく、内定者に率直なアドバイスをもらいたいと考えている人は多くいます。同じ大学生だからこそ出来るアドバイスもあるので、気軽にコミュニケーションできる機会を作ってあげほしいと思います。

株式会社サーフボード 代表取締役
1Dayインターンシップ、合同企業説明会などで出会った就活生に会社の雰囲気、働きがい、仕事風景をインスタ風SNSアプリで伝えます。
就活生は、会社の日常風景や仕事の様子などを写真入りで就活期間中閲覧でき、人事採用担当者や若手先輩社員とも交流ができるクローズドSNS機能です。 クローズドSNSですから、情報漏れの拡散や就活生のプライベート介入の心配がありません。

専門家コラムナンバー

 専門家コラムバックナンバー一覧へ

新卒採用サービスをご希望の企業様へ

『新卒採用.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「新卒採用コンサルティング」の企業を
検索できます。
メールマガジン

新卒採用の業務に役立つ情報をお届けするメールマガジンを発行する予定です。

登録する
プライバシーマーク